NEC、LoRaWANに準拠したネットワークサーバを提供開始



TOKYO, Nov 15, 2017 – (JCN Newswire) – NECは、低消費電力で広域通信を実現する新無線通信技術「LPWA」(注1)の一つであるLoRaWAN(注2)に準拠したネットワークサーバを製品化し、本年12月より通信事業者向けに提供開始します。

新製品は、今後、拡大が見込まれるLoRaWANに準拠したセンサーデバイスの収容・管理を容易に実現します。NECは、これまでの通信事業者向けの実績をもとにネットワークサーバだけでなく、センサーデバイスからアプリケーションまでをトータルソリューションとして提供することで、低消費電力が求められるIoTサービスの市場展開のさらなる加速を支援します。

また、通信事業者の様々なサービス提供形態を想定し、新製品は柔軟にマルチテナント・マルチデバイス管理を行える機能を有しているため、複数の企業やサービス事業者向けにLoRaWANネットワークサービスの提供が可能です。これにより、新たなIoTサービスの創出を加速し、利用者の利便性向上を実現します。

また新製品は、大井電気株式会社を始めとした複数のLoRaWAN対応ゲートウェイとの接続検証を完了しており、それらと組み合わせて通信事業者へ提供していきます。NECは新製品について、今後3年間でグローバルに30社への提供を目指します。

NECは、社会ソリューション事業に注力しており、今後も「LoRaWAN」の利用を可能とする新製品を提供することで、通信事業者の競争力向上を実現するとともに、IoTを活用した豊かで安全な社会の実現に貢献していきます。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
http://jpn.nec.com/press/201711/20171115_01.html

概要:日本電気株式会社(NEC)

詳細は www.nec.co.jp をご覧ください。


Copyright 2017 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com

こんな記事も読まれています