NEC、三井住友銀行と音声サービス「Amazon Alexa」に対応したシステムを構築



TOKYO, Nov 15, 2017 – (JCN Newswire) – NECは、株式会社三井住友銀行(頭取CEO:髙島 誠、以下 三井住友銀行 )と、「Amazon Alexa」に対応した音声操作による金融サービスを提供するシステムを構築しました。三井住友銀行では、「Amazon Echo」の出荷開始に合わせて本サービスの提供を開始します。

本サービスは、Amazonが11月8日に国内の提供を発表したクラウドベースの音声サービス「Amazon Alexa」に対応しており、三井住友銀行のインターネットバンキング「SMBCダイレクト」の利用者を対象に、「Amazon Echo」に話しかけることで残高照会や入出金明細照会が可能となります。

NECは、金融機関向けのシステム構築・運用で多くの実績を有する「アマゾン ウェブ サービス(以下、AWS)」を活用し、アプリケーションの開発・設計や構築を行っています。

なお、NECは、2012年にAWSのパートナープログラムである「AWS Partner Network」(注1)に参画しており、最上位のプレミアコンサルティングパートナー(注2)として、AWSを活用したシステム導入・運用支援などの高度なスキル・ノウハウを活かして本システムを構築しました。

NECは、今回の構築実績を踏まえ、今後も生体認証やAIなどの最先端技術を活用し、IoT(Internet of Things)に対応したセキュアかつ利便性の高いサービスや製品の提供に取り組んでいきます。NECは、自らのデジタルトランスフォーメーションの実績・ノウハウを活かし、金融機関の新たな顧客向けサービスの実現に貢献していきます。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
http://jpn.nec.com/press/201711/20171115_02.html

概要:日本電気株式会社(NEC)

詳細は www.nec.co.jp をご覧ください。


Copyright 2017 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com

こんな記事も読まれています