日本無線 タッチパネルLCDを採用したドップラ・スピードログ JLN-740シリーズを発売



日本無線 タッチパネルLCDを採用したドップラ・スピードログ JLN-740シリーズを発売 – 会社 release

Home » 00非上場 » 日本無線 タッチパネルLCDを採用したドップラ・スピードログ JLN-740シリーズを発売



本リリースの公式ページ
http://www.jrc.co.jp/jp/about/news/2017/1212-1.html

2017年12月12日[2017年12月12日 プレスリリース]

タッチパネルLCDを採用したドップラ・スピードログ JLN-740シリーズを発売

日本無線株式会社(本社:東京都中野区、代表取締役社長:荒 健次)は、『ドップラ・スピードログ JLN-740シリーズ』を発売します。
ドップラ・スピードログ JLN-740シリーズは、国際航海に従事する300GT以上の船舶に装備が義務付けられるIMO MSC.96(72)の性能基準に適合する対水船速距離計です。
主表示器には視認性の高いタッチパネル搭載の5インチカラーLCD表示器(NWZ-510SDW)と、4.5インチ小型表示器(NWZ-4640)をラインナップしました。

5インチカラーLCD表示器 NWZ-510SDW

4.5インチ小型表示器 NWZ-4640

主な特長

計測精度と応答性の飛躍的な向上を実現するため、新たなデジタル信号処理を用い、送信パワーや送信周期を状況に応じ最適化することで、信頼性に実績のある船底装置はそのままで、全てのモデルで対水船速の計測精度として0.03knまたは0.3%以内の高精度化を実現しました。
また、船速の異常検出につながる船底気泡の有無を判別し信頼性のあるデータが提供可能となる、当社独自の気泡検知機能(特許出願中)を採用いたしました。

性能基準と対応規格

IMO性能基準に適合

MSC.96(72)、A.824(19)、A.694(17)

IEC試験規格に対応


こんな記事も読まれています



コメントを残す