三菱レイヨン 三菱レイヨンの炭素繊維材料(SMC)がトヨタの新型「プリウスPHV」のバックドアに採用



2017 年 3 月 6 日
三菱レイヨンの炭素繊維材料(SMC)が

トヨタの新型「プリウスPHV」のバックドアに採用

三菱レイヨン株式会社
三菱レイヨン株式会社(本社:東京都千代田区、社長:越智 仁、以下「当社」)の炭素繊維材料であるSMC(Sheet Molding Compound)が、トヨタ自動車株式会社(本社:愛知県豊田市、社長:豊田 章男、以下「トヨタ」)から 2017年2 月 15 日に発売された新型「プリウス PHV」のバックドアの骨格に採用されました。
自動車市場では燃費規制やCO2排出規制の強化を背景とした車体軽量化への関心が高まっており、軽さと高い強度を併せ持つ炭素繊維強化プラスチック(CFRP)の自動車部材への適用が期待されています。一方、CFRP の適用は、部材生産に時間がかかりコストも高いことから、これまでは生産台数の限定された高級車などに限られておりましたが、近年その材料や製法の開発が進み、本格的に量産車にも採用する動きが加速しています。
当社が開発したSMC は、CFRP の中間基材の一種で、長さ数センチメートルにカットされた炭素繊維を樹脂中に分散させたシート状の材料です。プレス成形により2~5 分程度の短時間で部材に加工可能で、連続した炭素繊維に樹脂を含浸させた中間基材であるプリプレグと比べて、複雑な形状の部材を成形することができるという特長を持ちます。また、機械特性が均質に近いため、従来の部材設計ノウハウを活かしながら比較的容易に炭素繊維を利用して、軽量化と高強度化を実現することができます。
このたびのトヨタでの採用は、当社のSMC 採用により大幅な軽量化と高い部材性能を実現できた点、また、当社のSMC が複雑形状の部材を生産可能とする成形性に優れる点、量産車部材の製造に必要な生産性を兼ね備えた点を高く評価されたことによります。当社はこの採用を契機として、炭素繊維材料の自動車部材への提案を強化・拡充してまいります。
今 後 も 当 社 は 三 菱 ケ ミ カ ル ホ ー ル デ ィ ン グ ス グ ル ー プ の 中 期 経 営 計 画「APTSIS 20」における 2020 年に炭素繊維・複合材料事業の売上高 1,000 億円の目標達成に向け、成長著しい自動車用途をはじめとする産業分野へ積極的に事業展開してまいります。
以 上
【当社の炭素繊維材料が骨格に採用されたトヨタ新型「プリウスPHV」の CFRP 製バックドア】
http://www.jpubb.com/press/image.php?image=711925
http://www.jpubb.com/press/image.php?image=711926
【当社の炭素繊維材料SMC(Sheet Molding Compound)】
http://www.jpubb.com/press/image.php?image=711927
本件に関するお問合せ先
(株)三菱ケミカルホールディングス
広報・IR 室 電話: 03-6748-7140

こんな記事も読まれています