古野電気 米国気象学会(AMS)の年次総会に気象観測レーダーを出展




2017年12月9日

米国気象学会(AMS)の年次総会に気象観測レーダーを出展

古野電気株式会社(本社:兵庫県西宮市、古野幸男社長)は、2018年1月8日~11日に米国テキサス州オースティンで開催される米国気象学会(American Meteorological Society、略称AMS)第98回年次総会「98th AMS Annual Meeting」の展示会に出展し、気象観測レーダー2機種を紹介いたします。


▲小型Xバンドドップラ気象レーダー「型式:WR110」の設置作業イメージ

このリリースの画像:

http://www.jpubb.com/press/image.php?image=969608

AMS Annual Meetingは、米国で年1回開催される気象・気候に関する研究者や技術者など4,000人以上が一堂に会して最新の研究成果や技術が披露される国際的なイベントです。当社は、気象観測システムとして世界最小・最軽量級の小型Xバンド二重偏波ドップラ気象レーダー「型式:WR-2100」
と新型の小型Xバンドドップラ気象レーダー「型式:WR110」(※)
を展示し、業界関係者と積極的なコミュニケーションを図る方針です。

(※)小型Xバンドドップラ気象レーダー「型式:WR110」

小型で軽量、高解像度での観測が可能な気象レーダーです。重機を使わず人力での設置が可能です。制御ユニットをレーダーアンテナに内蔵したことで、従来製品よりも設置の柔軟性がさらに高まりました。車両に搭載可能なサイズかつ省電力設計により、任意の場所に移動して発電機駆動で観測するといった用途にも活用できます。

<展示会概要>

展示会名称
: 2018/98th AMS (American Meteorological Society) Annual Meeting
公式ウェブサイト
https://annual.ametsoc.org/2018/
会期
:2018年1月8日~11日
会場
:Austin Convention Center(米国テキサス州オースティン)
当社のブース番号
:728

こんな記事も読まれています