LINE LINEとIntertrust、第2回「LINE and Intertrust Security Summit」を開催



LINEとIntertrust、第2回「LINE and Intertrust Security Summit」を開催

2017.12.08 All

LINE株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:出澤 剛、以下:LINE)とIntertrust Technologies Corporation(本社:カリフォルニア州、以下:Intertrust)は、11月14日にサンフランシスコのフォートメイソンセンターで第2回「LINE and Intertrust Security Summit:デジタル時代における信頼性」を共同開催しましたので、お知らせいたします。本サミットでは、産学官の有識者が、プライバシーとデータアクセスの関係性に焦点を当て、セキュリティと政策立案に関する研究・テクノロジー・市場トレンドについて発表しました。

本イベントでは全体を通して情報セキュリティの変化をけん引するトレンドを検証しましたが、とりわけ2018年5月に施行が予定されている「EU一般データ保護規則(GDPR: General Data Protection Regulation)」の重要性が高い関心を集めました。多くの講演者が、想定される影響に焦点を当て、大半の企業や政府の対応が全く不十分であると指摘し、些細な不手際も多額のコストが掛かるうえ、組織の評判や収益へ深刻なダメージをもたらす可能性があると警告しました。

サミットでは、セキュアシステムやプライバシー保護を専門とする、以下の受賞歴を持つ著名なコンピューターサイエンティストらが登壇しました。

•Herbert Lin博士(Stanford University、Hoover Institution)

•Eli Noam博士(Columbia University)

•Megan Stifel氏(Brent Scowcroft Center on International Security、Cyber Statecraft Initiative)

•Kirsten Rulf氏(Harvard University、Berkman Klein Center)

•Steve Hunt氏(North Carolina Cybersecurity, Design & Innovation Centers、代表)

•Kuo-Wei Wu氏(Chunghwa Telecom取締役、ICANN前取締役)

•Zulfikar Ramzan博士(RSA Security)

Brent Scowcroft Center on International Security、Megan Stifel氏のコメント

「LINE and Intertrust Security Summitでは、サイバーセキュリティとプライバシー分野における多様な専門家が終日白熱した議論を展開し、参加者にデジタルエコノミーの未来について熟考するきっかけを提供しました」

North Carolina Cybersecurity, Design & Innovation Center、Steve Hunt氏のコメント

「本サミットでは朝から晩まで次から次へと刺激的なアイデアが出ました。聴衆・講演者・有識者パネル間の活発な議論に感銘を受けました」

LINEとIntertrustは、これらのトピックを引き続き最重要課題として議論する必要があるという認識のもと、2018年上半期に東京で第3回サミットを開催する予定としています。また、時期・場所は未定ですが、第4回サミットも開催予定です。

Intertrustは、信頼性の高い分散型コンピューティングテクノロジー分野のリーダーでありパイオニアです。同社のセキュアシステム部門は、世界クラスのアプリケーション保護、分散型キー管理、パーソナリゼーションソリューションを提供しています。その製品は、消費者家電、銀行、ヘルスケアから自動車まで、世界中でデータとデバイスを守っています。

LINEは、ユーザーのプライバシーとデータを守るためトップクラスのセキュアシステム専門家を採用し、Intertrustなどの一流テクノロジー企業と提携しています。

LINE株式会社 CPO兼CISO 中山剛志のコメント

「消費者やビジネスにとってセキュリティとプライバシーが今まで以上に重要となっている中で、デジタル時代における信頼性について議論することは必要不可欠であると考えました。Intertrustとのサミット共同開催を通じて、引き続き皆様に安心かつ安全なサービスをお届けできるよう尽力してまいります」

Intertrust CTO Dave Maher氏のコメント

「本イベントは、学術界と産業界のリーダーが一堂に会しアプリケーションセキュリティの未来を考察するユニークな場を提供します。この度のLINEとの提携を喜ばしく思っております。LINEのアジア市場における圧倒的なプレゼンスと世界的な成長軌道、そしてIntertrustの27年にわたる安全性の高い分散型コンピューティングの開発経験を融合することで、引き続き市場に価値をもたらし、情報セキュリティを取り巻く早急の課題に注意を喚起することができればと思います」

第2回「LINE and Intertrust Security Summit」の詳細については、こちらをご参照ください。

https://www.intertrust.com/company/events/line-summit/

Intertrust Technologies Corporationについて

Intertrustは、モバイル・家電メーカーやサービスプロバイダから法人向けソフトウェアプラットフォーム会社まで、大手グローバル企業に信頼されるコンピューティング商品やサービスを提供しています。世界トップクラスのデジタル権利管理、ソフトウェアの耐タンパ性(不正改ざん防止)やAdTech・DNAストレージ・IoT向けのプラバシー重視型データプラットフォームなどの商品を展開しています。

Intertrustは、1990年にシリコンバレーで設立され、ロンドン、東京、ソウル、北京に支社を置いています。同社は発明で高い評価を受けており、コンピューターセキュリティやデジタルトラストといった領域への優れた貢献で世界的に認められています。また、インターネットセキュリティ、信頼性、OSのプライバシー管理コンポーネント、信頼性の高いモバイルコードやネットワーク化された運用環境、ウェブサービス、クラウドコンピューティングにおいて重要となる数百の特許を有しています。

Intertrustに関する情報は、intertrust.com、あるいはIntertrustのTwitter・LinkedInサイトをご覧ください。



こんな記事も読まれています