西日本旅客鉄道 京都駅でカメラの画像解析技術を使った「遠隔セキュリティカメラ」の運用を開始!



2017年12月 8日

~駅のホームの安全性向上にむけて~
京都駅でカメラの画像解析技術を使った
「遠隔セキュリティカメラ」の運用を開始します!

 当社では、駅ホームにおける安全性向上を目的として、12月15日から京都駅で「遠隔セキュリティカメラ」を運用開始します。
 遠隔セキュリティカメラは、カメラの画像解析装置によってお客様が大きくふらついたり、長時間同じ場所に滞留しているなどの状況を自動で検知し、異常を確認したセンターの警備員から駅係員に連絡し、駅係員がお客様にお声かけを行うもので、現在、大阪環状線の京橋駅をはじめ全6駅で運用しています。

詳細

1 導入・運用の目的
 「ホームにおける鉄道人身障害事故」の主な要因となっているお酒を飲み過ぎたお客様の線路への転落や列車との接触に至る前兆行動を自動的に検知できることから、ホームの安全対策として導入しています。

2 運用箇所・時期
(1)運用箇所
 京都駅(2・3番のりば、4・5番のりば)

(2)時期
 2017年12月15日から

こんな記事も読まれています