ALBERT 株式会社資生堂のCRM領域の分析プロジェクトを支援 ~ CROSS TALKにインタビュー記事を掲載 ~



NEWS RELEASE

ALBERT、株式会社資生堂のCRM領域の分析プロジェクトを支援
~CROSS TALKにインタビュー記事を掲載~

« 前のリリース | メイン |

2017/12/07 11:00 AM

 株式会社ALBERT(アルベルト、本社:東京都新宿区、代表取締役社長:上村崇、以下ALBERT)は、株式会社資生堂(本社:東京都港区、代表取締役執行役員社長:魚谷雅彦、以下資生堂)のCRM領域の分析プロジェクトを支援し、本プロジェクトの成果をインタビュー記事として掲載いたしました。

 ALBERTは2005年の創業以来、一貫して高度な分析力を強みに企業の問題解決と意思決定を支援してまいりました。ALBERTのデータ分析部門は、国内外の研究機関や企業の中央研究所などで先端的な分析技術を長らく研究してたメンバーや、金融、医療、製造、流通など様々な事業会社でビッグデータ活用を推進してきたメンバーが集まるプロフェッショナル集団です。高度な技術と豊富な実績を元に、クライアントの企業価値を直接的に向上させる伴走者として、さまざまなプロジェクトをご支援しています。

 本プロジェクトでは、資生堂CRM領域について、業務課題のヒアリング・データ確認・前処理に始まり、顧客育成を主軸とした分析を実施いたしました。この度、本プロジェクトの成果を、ALBERTコーポレートサイトの「CROSS TALK」ページにて、資生堂のグローバルプレステージブランド事業本部 事業戦略部の佐々木邦様と砂賀一範様とのインタビュー記事として掲載いたしました。

■ALBERTコーポレートサイト CROSS TALKページ
 「この分析を出発点として進めれば、間違いはない」
 URL: https://www.albert2005.co.jp/crosstalk/talk08.html

 ALBERTは今後も、 “分析力”と“システム開発力”を強みとするデータサイエンティスト集団として、クライアントのデータ資産を企業価値の向上に繋げる支援を続けてまいります。

株式会社ALBERT
2005年7月設立。事業コンセプトは『分析力をコアとするデータソリューションカンパニー』。
高度なデータソリューションを提供するためのコアコンピタンスである『分析力』は、アナリティクス領域における、「マーケティングリサーチ」「多変量解析」「データマイニング」「テキスト&画像解析」、エンジニアリング領域における、「大規模データ処理」「ソリューション開発」「プラットフォーム構築」「最適化モデリング」の8つのテクノロジーで支えられています。8つのテクノロジーには豊富な実績に裏付けられた、ALBERT独自のアルゴリズムや手法が用いられており、優位性を確保しています。

【会社概要】
社 名  : 株式会社ALBERT
所在地  : 東京都新宿区西新宿1-26-2
       TEL: 03-5909-7510/FAX: 03-5909-7569
設立日  : 2005年7月1日
代表者  : 代表取締役社長 上村崇
証券コード: 3906(東京証券取引所マザーズ)
事業内容 : アナリティクス・コンサルティング
       ・分析コンサルティング
        -IoTデータ分析 / 顧客分析 / 商品分析 / 商圏分析 / 広告分析
        -IoTデータ活用のコンサルティング・導入支援サービス
        -人工知能・ディープラーニングのコンサルティング・導入支援サービス
       ・データサイエンティスト養成講座

       システムソリューション
       ・Gripper
       ・Proactive AI
       ・Logreco
       ・smarticA!DMP
        -統合データウェアハウス(DWH)
        -BIツール
        -データマイニングエンジン
        -キャンペーンマネジメント
        -統計解析ソフトウェア
        -行動ターゲティング広告システム
       ・分析プラットフォーム構築サービス
       ・Deepsearch Logo

U R L   : https://www.albert2005.co.jp

~本リリースに関するお問い合わせ先~
株式会社ALBERT(アルベルト)  パートナーサポート部
TEL: 03-5909-7525/FAX: 03-5909-7569
Email: ps@albert2005.co.jp

こちらもおすすめ

こんな記事も読まれています