SMK コネクタ「PV-05シリーズ」を開発 =EN 1500Vに対応、太陽光発電システムの電圧効率化に貢献=





本リリースの公式ページ
http://www.smk.co.jp/news/press_release/2017/1092cs

(クリックで拡大)

太陽電池モジュール用コネクタ「PV-05シリーズ」を開発
=EN 1500Vに対応、太陽光発電システムの電圧効率化に貢献=

 当社はこのほど、太陽電池モジュール用コネクタに高電圧DC1500Vに対応する「PV-05シリーズ」を新たに追加し、製品レパートリーを拡充しました。2018年1月より発売を開始します。
 近年、太陽光発電システムとメガソーラーは、システム電圧の効率化により定格電圧が1000Vから1500Vへアップしてきており、PV-05シリーズはそのシステム電圧の高電圧化に対応した製品です。
 本製品は、EN 1500Vの認証を取得済みで、今後、UL 1500V認証も取得予定です。
 本製品の特長として、当社独自の防水構造により優れた防水性能を確保するとともに、多点接触構造のターミナルにより安定した接触性能を実現しています。(特許取得済み)また、締付けトルク管理が不要なケーブル構造ため、組立工数の削減に貢献します。
 本製品はグローバル・デファクト・スタンダードタイプの「PV-03シリーズ」と嵌合互換性があり、欧米・日本市場をはじめワールドワイドでご使用頂けます。

【使用用途】
 ソーラーパネル、ソーラーシステム

発表日 2017年11月15日
リリース番号 1092CS
製品名 太陽電池モジュール用コネクタ「PV-05シリーズ」
特長詳細

1) 高電圧DC1500Vに対応。
2) EN 1500V認証を取得済み。UL 1500V認証も取得予定。
3) 独自の防水構造により、工具無しでケーブルの防水処理が容易に実現。
  (特許取得済み)
4) 独自の多点接触構造により優れた接触性能を確保。(特許取得済み)
5) 耐候性、難燃性に優れた材料を使用。
6) RoHS指令適応品。

このページの先頭へ



関連の新着リリース


前の画面に戻る


注意:このサイトに掲載されるプレスリリーステキストはコンピュータプログラムで機械的に収集・生成しているためエラーが発生する可能性があります。発表元企業の公式サイトにて公式発表日や内容をダブルチェックして下さい。また、この掲載テキストの元となるプレスリリースの内容は発表元企業による公式発表当時のものであり、最新情報とは異なる場合があります。

こんな記事も読まれています