日本ユニシス ユニアデックス 産業用機械のIoT化により遠隔サポートを支援する 「AirProduct™ Machine」を販売開始 >



ユニアデックス 産業用機械のIoT化により遠隔サポートを支援する 「AirProduct™ Machine」を販売開始

- 産業用機械メーカーの故障対応・保守業務を迅速化・省力化 -

Tweet

2017年11月15日

 ユニアデックス株式会社(本社:東京都江東区、社長:東 常夫、以下 ユニアデックス)は、製品のIoT化・クラウド対応を実現するサービス群”AirProduct(注1)“シリーズの第一弾として、産業用機械メーカー向けに、IoTを活用し遠隔サポートを支援する「AirProduct Machine(エアープロダクト マシーン)」を12月1日から販売開始します。なお、本サービスの提供開始は、2018年1月10日を予定しています。

 「AirProduct Machine」は、工作機械をはじめとする産業用機械のデータ収集・蓄積、監視・通知、状態の可視化などを行うIoTクラウドサービスです。

 工作機械をはじめとする生産にかかる産業用機械の故障は、ユーザー企業の業務停止に直結するため、産業用機械メーカーにとっては、ダウンタイム短縮のための迅速かつ正確な対応が、常に求められています。また、産業用機械メーカーの中には、故障対応・保守において、都度対応となるケースも多く、適切な料金を回収できないことが課題となっています。

 ユニアデックスは、これらの課題に対応するため、「AirProduct Machine」を提供することで、産業用機械のIoT化・クラウド対応を促進し、故障対応・保守業務の迅速化と省力化を支援します。

「AirProduct Machine」は、日本ユニシスグループが提供する「IoTビジネスプラットフォーム(注2)」上に構築します。産業用機械メーカーは「AirProduct Machine」へ機械の各種データを送信することにより、稼働データの収集・蓄積が可能となります。蓄積されたデータは標準機能によるグラフ表示に加え、APIを介して、稼働状況一覧や、故障原因追及のための操作画面などを、産業用機械メーカーの業務に合わせ開発することができます。

産業用機械メーカーは、本サービスを利用することで、セキュアなIoT化・クラウド対応を早期にスモールスタートで実現できます。また、将来的には、蓄積したデータを分析することにより予知保全へと繋がるため、さらなるダウンタイムの短縮も期待されます。

「AirProduct Machine」の特徴は、以下の通りです。
1.お客さまの業務に合わせたサービス利用が可能
きめ細かな権限設定が可能なユーザー管理機能、機械の接続状態を管理するデバイス管理機能、デバイスへの遠隔操作(コマンド発行)機能など、製品のIoT化・クラウド対応に求められる機能を標準実装しています。これらの機能は、標準の管理画面による操作に加え、APIを利用し、お客さまのユースケース、ビジネスフローに適したアプリケーションを開発することも可能です。

2.スモールスタートし、柔軟に拡張が可能
本サービスの最低利用期間は1カ月となっており、お客さまは、本サービスが持つ標準機能を利用して、実証実験など試行的な取り組みからの利用が可能です。また、本サービスには、個別開発したアプリケーションを組み込むことができますので、利用開始直後は標準の画面を利用し、IoT 化のメリットを確認しつつ段階を追ってお客さま独自の機能を広げていく、といった柔軟な拡張も可能です。

 ユニアデックスは、工作機械、農業機械、化学機械、医療機器などの産業用機械メーカーを対象に、今後4年間で100社に本サービスの導入を目指します。

以 上

■「AirProduct Machine」の活用例
1.機械の異常発生時に、産業用機械メーカーの故障対応を行うエンジニア部門へアラート通知を行うため、即座に異常発生を把握、初動を迅速化できます。

2.機械から稼働情報・障害情報など取得し、状況を正確に把握します。
●訪問修理の必要性が判断できるため、不要なエンジニアの訪問が削減でき、派遣コストを削減します。
●訪問前診断による早期の部品手配、修理準備により、復旧を迅速化、ダウンタイムを短縮、顧客満足度を向上します。

3.各機械に対する遠隔操作もできるため、エンドユーザーの手を煩わせることなく、追加の情報収集、調査が可能となり、故障対応を簡便化します。

■利用イメージ図

注1:「AirProduct」シリーズ
AirProductシリーズは、製品メーカーに対して自社製品のIoT化を実現し、保守サポート対応の迅速化・省力化などの業務改善や、エンドユーザーへの付加価値サービス提供による収益拡大・事業変革を支援します。

注2:IoTビジネスプラットフォームサービス
日本ユニシスグループが提供する「IoTプラットフォームサービス」です。センサーなどのデバイス・ネットワークの提供から、データ収集・配信、データ加工・解析までのワンストップサービスを実現します

※AirProductは、ユニアデックス株式会社が商標登録出願中です。
※その他、記載の会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。

※ニュースリリースの内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。



こんな記事も読まれています