野村不動産ホールディングス 分譲戸建「プラウドシーズン横濱洋光台」 共用棟「つながるHOUSE」がオープン(野村不動産)



2017 年 11 月 2 日
野村不動産株式会社
分譲戸建「プラウドシーズン横濱洋光台」(横浜市港南区)
共用棟「つながる HOUSE」がオープン
~入居者 203 世帯のコミュニティ形成や安心・安全をサポート~
野村不動産株式会社(本社:東京都新宿区/代表取締役社長:宮嶋 誠一)は、分譲戸建「プラウドシーズン横濱洋光台」(横浜市港南区・全 203 戸、株式会社 IHI との共同事業、以下「本物件」)において、入居者向け共用施設「つながる HOUSE」をオープンしましたので、お知らせいたします。
本物件は、株式会社 IHI の社宅跡地 8,506.17 坪(28,119.6 ㎡)にて開発が進められており、横浜市において戸数が 200 戸を超える分譲戸建住宅の販売は約 10 年ぶりとなります。
物件コンセプトを「203 のつながりが生まれる街」とし、今般オープンしました「つながる HOUSE」など新たに入居される方々のコミュニケーションが自然と育まれる様々な仕掛けを提案しております。
なお、本物件においては第 1 期 53 区画の販売を 2017 年 3 月に開始した結果、同 6 月に完売となり、11 月上旬より第 2 期販売を開始する予定です。
■「プラウドシーズン横濱洋光台」のポイント■
①8,506.17 坪(28,119.6 ㎡)の広大な敷地にて開発が進められている 203 戸の分譲戸建
②コミュニティスタッフが勤務する入居者専用の共用棟「つながる HOUSE」を設置し、 コミュニティ形成ならびに災害時の安心安全に寄与
③美しい街並みの形成と安心・安全に寄与する「街並み照明計画の設計ガイドライン」(2017 年グッドデザイ ン賞受賞)に基づく照明計画
~上記などが評価された結果、第 1 期販売は好調に推移(2017 年 3 月~6 月、53 区画完売)~
公式ページ(続き・詳細)はこちら
http://www.nomura-re-hd.co.jp/cfiles/news/n2017110201351.pdf

「プラウドシーズン横濱洋光台」のポイント
8,
506.17 坪(28,119.6 ㎡)の広大な敷地にて開発推進中の 203 戸の分譲戸建住宅
約 8,500 坪におよぶ当該地は、2013 年まで株式会社 IHI の社宅として活用されていました。2014 年より同社・当社の共同事業として住宅や共用棟、公園などの開発を推進しております。
共用棟「つながる HOUSE」にてコミュニティを自然に育む様々な仕掛けを提案 「つながる HOUSE」とは、入居者が利用できる共用施設(共用棟)です。一般的には、戸建住宅に共用棟が設置されることは稀ですが、入居者のコミュニティ形成ならびに災害時の安心・安全に寄与することを目的に、様々な過ごし方を想定し運用いたします。マンションで培った共用設備のノウハウを大規模戸建に応用し、新しいコミュニティの空間・形成を提案しています。 <「つながる HOUSE」の特徴> ・専任のスタッフが勤務(月・水・土/11:00~17:00)し、利用者が心地よく過ごせるよう、利用相談に 応じたり、お子さまの見守りなどを行います。 ・コーヒーベンダーや Free Wi-Fi、スポーツ観戦等にも利用できる大型スクリーンを備える「コミュニティスペース」 を設置。お子さま連れの方は、隣接する公園で遊ぶ子ども達を見守りながら過ごすことができます。 ・児童書や雑誌など 200 冊以上の本を保有する「ライブラリー」を設置。ブックコンサルティング会社と提携し、 毎月、新しい本をご用意します。 ・パパ・ママに見守られお子さまが元気に遊べる「キッズルーム」を設置(主に乳児を対象)。こちらにも、おもち ゃや本を取り揃えています。 ・簡易トイレ、発電機、テントなどの防災備品を常備し、災害時の「防災拠点」としても機能します。 右上:「つながる HOUSE」外観 、左:コミュニティスペース、右下:キッズルーム
③ 美しい街並みの形成と安心・安全に寄与する「街並み照明計画の設計ガイドライン」
(2017 年グッドデザイン賞受賞)に基づく照明計画 当社では、昼間だけではなく、夜の街並みも豊かにするため「屋外照明の設計ガイドライン」を開発し本物件に導入しております。単に照明を増やして明るい街をつくるのではなく、器具の配置や向き、適切な照度選定等により、各住戸から溢れる明かりを共有し、一体感のある夜の街並みを作り出します。 また、自動点灯や人感センサー、LED 照明を導入することで、居住者の手間やコストを抑え、日々の暮らしを通じて、「美しい夜の街並み」ができる仕組みを目指しました。街全体で照明をデザインすることで、美しさと安心安全が両立し、より愛着を感じて頂ける街を提供いたします。 当社では分譲戸建ブランド「プラウドシーズン」において、区画整理を中心とした 100 戸超の大規模物件を数多く手がけており、現在も「プラウドシーズン栗平」(東京都稲城市/全 250 戸)、「プラウドシーズン船橋小室」(千葉県船橋市/全 331 戸)などを推進中です。今後も美しい街並みの形成を図るとともに、入居者のコミュニティや安心・安全を高め「未来あ し たにつながる街づくり」を進めてまいります。 【「プラウドシーズン横濱洋光台」物件概要】 所在地 横浜市港南区笹下 4 丁目 3567 番 55 他 交通 JR 根岸線 「洋光台」駅徒歩 17 分 JR 根岸線 「洋光台」バス約 5 分 「プラウドシーズン」(区画内)バス停 京浜急行 「上大岡」駅バス約 10 分「日下小学校」バス停徒歩 5 分 敷地面積 28, 119.6 ㎡ 構造・規模 木造 2×4 工法(2 階建) 総戸数 203 戸 間取り 3LDK~4LDK 建物面積 9 1.69 ㎡~ 106.85 ㎡ 売主 野村不動産株式会社、株式会社 IHI 施工 東急建設株式会社、西武建設株式会社 【現地案内図】

こんな記事も読まれています