アサヒグループホールディングス ニュージーランドワイン『ワイルド・ロック』 2アイテムを新発売



2017年3月24日
アサヒビール株式会社

ニュージーランド「クラギー・レンジ」社からカジュアルタイプの新ブランド
『ワイルド・ロック』 2アイテムを新発売


高解像度画像

 アサヒビール株式会社(本社 東京、社長 平野伸一)は、ニュージーランド/クラギー・レンジ社の『ワイルド・ロック・ソーヴィニヨン・ブラン』『ワイルド・ロック・ピノ・ノワール』(各瓶750ml)を2017年4月25日(火)より全国で新発売します。

 ニュージーランドワインはその品質の高さに注目が集まっており、2016年の輸入通関数量は約16万箱(前年比118%/1箱=750ml×12本換算)、生産国別順位でも第10位と近年大きく伸長しています。

 アサヒビール(株)では2013年よりクラギー・レンジ社のプレミアムワイン6アイテムを販売しています。新発売する『ワイルド・ロック』は、クラギー・レンジ社のセカンドブランドとして位置づけられているカジュアルタイプの商品ですが、ソーヴィニヨン・ブランは、代表的産地であるマールボロー地区産、ピノ・ノワールもその品質が高く評価されているマーティンボロー地区産で、それぞれのぶどう品種の良さを最大限に引き出した味わいに仕上げています。冷涼気候に由来するフレッシュな香りと爽やかな酸味を持つ軽快な味わいで、ネーミングやラベルデザインからニュージーランドの自然や歴史を楽しめるワインとなっています。

 ブランド名は1769年にキャプテン・クック達が、彼らの最初の航海において、海から見ると平らな岩のように見えるニュージーランドの沿岸に到達した時、そこを“野生の岩(ワイルド・ロック)”と名付けたことに由来しています。ラベルにはニュージーランド固有の鳥と植物がデザインされています。



【商品概要】

商品名 ワイルド・ロック・
ソーヴィニヨン・ブラン
ワイルド・ロック・
ピノ・ノワール
タイプ 白・辛口 赤・ミディアムボディ
産地 マールボロー マーティンボロー
味わいの
特長
ライムやグレープフルーツのような香りと、柑橘類やハーブのようなフレッシュな果実の風味が爽やかな味わいです。 レッド・チェリーのような華やかな香り、赤い果実の豊かな味わいとしなやかなタンニンのバランスがとれたワインです。
ラベル
デザイン
ニュージーランド固有の鳥「ミツスイ」と、国花「コーファイ」が描かれています。 ニュージーランド固有の鳥「サドルバック」と、固有の木「ラタ」が描かれています。
品目 果実酒
容器・容量 瓶750ml
価格 オープン価格
発売日 2017年4月25日(火)
発売エリア 全国

こちらもおすすめ

こんな記事も読まれています