日本銀行 当面の長期国債等の買入れの運営について



2 0 1 7 年 3 月 3 1 日
日本銀行 金融市場局
当面の長期国債等の買入れの運営について
日本銀行は、長期国債等の買入れについて、当面、以下のとおり運営することとしました(2017年4月3日より適用)。
── 次回公表は2017年4月28日17時を予定。
1.長期国債の買入れ(利回り・価格入札方式)
(1)買入対象国債
利付国債(2年債、5年債、10年債、20年債、30年債、40年債、変動利付債、物価連動債)
(2)買入頻度
現時点で予定している買入れの日程は、別紙のとおり。ただし、必要に応じて回数を増やすことがある。
(3)買入金額
金利操作方針を実現するため、市場の動向等を踏まえて弾力的に運用する。
(4)買入方式
コンベンショナル方式による入札
・利付国債(変動利付債、物価連動債を除く):利回較差入札方式
・変動利付債、物価連動債 :価格較差入札方式
2.長期国債の買入れ(固定利回り方式)
(1)買入対象国債
利付国債(2年債、5年債、10年債、20年債、30年債、40年債)のうち、各年限のカレント銘柄を中心とする。
(2)買入頻度
イールドカーブの水準が大きく変動した場合など、必要に応じて随時、買入れを実施する。
(3)買入金額
1回当たりのオファー金額については、市場の動向等に応じて、これを定めて買入れを行う場合と、これを定めず、金額を無制限として買入れを行う場合がある。
(4)買入方式
オファーの都度、日本銀行が別に定める基準利回りからの利回較差を示すことによって買入利回りを指定する。
3.国庫短期証券の買入れ
金融市場調節の一環として行う国庫短期証券の買入れについては、4月末の残高を30~32兆円程度とすることをめどとしつつ、金融市場に対する影響を考慮しながら1回当たりのオファー金額を決定する。
以 上
<照会先>
日本銀行金融市場局市場調節課 奥野(03-3277-1234)、安藤(03-3277-1284)
公式ページ(続き・詳細)はこちら
http://www.boj.or.jp/announcements/release_2017/rel170331d.pdf

こんな記事も読まれています