メタウォーター カメルーンの新設2浄水場向けセラミック膜ろ過装置を受注



ニュースリリース

2017.03.31

カメルーンの新設2浄水場向けセラミック膜ろ過装置を受注

 メタウォーター株式会社(社長:中村 靖、本社:東京都千代田区)は、ノルウェーに本拠地を持つ、Inrigo AS社(CEO:REZA HEZARI、以下 Inrigo社)より、カメルーンで新たに建設される浄水場向けセラミック膜ろ過装置を受注しましたのでお知らせします。

 本案件は、ノルウェーの輸出信用機関であるExport Credit Norway の融資制度を利用した事業で、カメルーンの水道公社である、Cameroon Water Utilities Corporation(CAMWATER)とInrigo社との間で結ばれた浄水場建設工事契約を基に、当社がInrigo社に対しセラミック膜ろ過装置を供給するものです。新たに建設される2つの浄水場により、現在と比べて約3倍の造水能力を確保し、水道設備が未発達なカメルーンの国民に対し高水準な水道水を届けることが可能となります。

 Inrigo社へのセラミック膜ろ過装置の供給は、2011年にノルウェーのヴァンビカン浄水場向けに納入したものに続き2例目となります。当社は、引き続きセラミック膜の拡販、および海外事業の拡大を加速させていきます。

      

本案件の概要

1) 提供する装置

・ セラミック膜ろ過装置

2) 新設浄水場総処理能力

・ 17,140㎥/日

3) 納入予定年月

・ 2017年9月



本件に関するお問い合わせ

メタウォーター株式会社 広報IR部 TEL: 03-6853-7317
FAX: 03-6853-8709
e-mail: pr@metawater.co.jp

こんな記事も読まれています