エフ・シー・シー 佐鳴湖水質調査「冬」に参加しました





本リリースの公式ページ
http://www.fcc-net.co.jp/news/topics_detail.php?id=1147

2017.03.31

佐鳴湖水質調査「冬」に参加しました

冬の水質調査おつかれさまでした!

2月11日(土)、当社の本社所在地である浜松市の佐鳴湖にて、恒例の冬の佐鳴湖水質調査が開催され、当社からは家族を含めたボランティア6名が参加しました。
凍えるような寒さでしたが、参加者は意外に多く、当社から初参加の小学生も、調査のやり方や汚染・浄化の仕組みを聞きながら、積極的に参加していました。
季節がら、仕掛けにかかる生物は少なく、今回はマハゼ3匹、ヨコエビ2匹で、子供たちが少し残念そうに見えました。冬は生物もあまり動き回らず、自分でエサを取りに来ようとしないそうです。また春から始まる水質調査でたくさんの生物に出会えることを期待したいと思います。

  • 注射筒とろ紙で湖水をろ過
  • ろ紙と色見本を比べてクロロフィルの簡易確認
  • パックに湖水を吸い込ませます
  • アンモニア態窒素のパックチェック
  • 色見本でDO(溶存酸素)の確認
  • 透明度計で湖水の透明度をチェック



関連の新着リリース




前の画面に戻る





注意:このサイトに掲載されるプレスリリーステキストはコンピュータプログラムで機械的に収集・生成しているためエラーが発生する可能性があります。発表元企業の公式サイトにて公式発表日や内容をダブルチェックして下さい。また、この掲載テキストの元となるプレスリリースの内容は発表元企業による公式発表当時のものであり、最新情報とは異なる場合があります。

こんな記事も読まれています