ジェイ エフ イー ホールディングス 香港でJファーム産 高糖度トマトを販売開始 ~ シンガポールに続き香港の高級スーパーに出荷 ~



2017年

香港でJファーム産 高糖度トマトを販売開始
~シンガポールに続き香港の高級スーパーに出荷~

2017年3月31日
JFEエンジニアリング株式会社
株式会社Jファーム

 JFEエンジニアリング株式会社(社長:大下元、本社:東京都千代田区)のグループ会社である株式会社Jファーム(社長:堀内博、本社:北海道札幌市)は、苫小牧市のスマートアグリプラントで生産した高糖度トマトを、香港の高級スーパー「YATA(一田)」で販売開始しました。

 現在、香港での野菜自給率は1割以下に留まっており、流通する野菜は大半が中国や米国からの輸入に頼っています。日本からの輸入も多く、日本産野菜に対し、「美味しい」「安全・安心」という理由で同地区の富裕層を中心にニーズが高まっています。

 Jファームは、2015年4月よりシンガポール明治屋で高糖度トマトを販売しており※、お客様から好評を博しています。これに続き、香港「YATA(一田)」觀塘(かんとう)店で糖度10以上の高糖度トマトのプロモーション販売(3/17~20)を行いました。試食されたお客様から「美味しいので引き続き購入したい」という多くの要望を受け、3月22日より同店にて常設販売を開始いたしました。

 JFEエンジニアリングとJファームは、生産した高糖度トマトを自社ブランドである『レッドジュエル札幌』として販売しています。今後もこのような高付加価値品種を国内外に販売するため自社プラントで安定的に通年生産すると同時に、最先端の技術を用いたスマートアグリプラントの拡販を推進し、日本の強い農業づくりに貢献してまいります。

❑(写真)香港YATA觀塘店での試食販売

以上

※2015年4月22日当社リリース参照 http://www.jfe-eng.co.jp/news/2015/20150422114836.html

本件に関するお問合わせは下記にお願いいたします。
JFEエンジニアリング株式会社 総務部広報グループ ℡045-505-1374



こちらもおすすめ

こんな記事も読まれています