横浜ゴム 最高グレードのウェットグリップ性能「a」を獲得した低燃費タイヤ「BluEarth RV-02」にクロスオーバーSUV向け新サイズを追加



PDF版(461KB)

2017年03月22日

横浜ゴム、最高グレードのウェットグリップ性能「a」を獲得した低燃費タイヤ「BluEarth RV-02」にクロスオーバーSUV向け新サイズを追加

横浜ゴム(株)は、2015年2月に発売したミニバン専用タイヤ「BluEarth RV-02(ブルーアース・アールブイ・ゼロツー)」に新サイズを追加し、2017年3月23日から日本国内にて発売を開始する。追加サイズは225/55R19 99V~225/60R18 100Vの3サイズ。新サイズの国内タイヤラベリング制度におけるグレードは転がり抵抗性能が「A」、ウェットグリップ性能は最高グレードの「a」となる。なお、今年3月22日より発売を開始したハイト系コンパクトカーおよび軽自動車向け専用商品の「BluEarth RV-02CK(ブルーアース・アールブイ・ゼロツー・シーケー)」を含め、「BluEarth RV-02」は全35サイズのサイズラインアップとなる。価格はオープンプライス。

近年伸張するSUV市場では車両の商品性が多様化し、オンロード性能を重視しサマータイヤを装着するクロスオーバーSUV車両が増加している。このオンロードでの走行性能を求める市場に対し市場にて好評価を得ている「BluEarth RV-02」のサイズを拡充することにより、多様化するSUV市場の要望に応える。

「BluEarth RV-02」は、「低燃費で雨に強い」をコンセプトに「背の高い車や重量の重い車で起こりがちなふらつきと偏摩耗の抑制」「優れた静粛性」を主眼に開発された。ミニバンやSUVなど重量が重く背が高い車での雨の日のドライブでも安心感のある走りを実現、またノイズが車内にこもりがちな箱型車両において運転席だけでなく、後部座席(2列目~3列目)でも快適な会話が楽しめる優れた静粛性も実現している。

なお、横浜ゴムはSUV市場向け商品の強化を進めている。高速での運動性能や操縦安定性を求める欧州プレミアムSUVに対しては乗用車用フラッグシップタイヤ「ADVAN Sport V105」で適応サイズを保有。さらに、オフロード性能を重視するSUVに対してはオールテレーンの「GEOLANDAR A/T G015」、ハイウェイテレーンの「GEOLANDAR H/T G056」、マッドテレーンの「GEOLANDAR M/T+」、都市型クロスオーバー車や中・小型SUV向けの「GEOLANDAR SUV」など「GEOLANDAR」シリーズを展開し、商品力が高い豊富なラインアップで拡大するSUV市場に応えていく。



発売サイズ

こんな記事も読まれています