東燃ゼネラル石油 千葉県市原市での石炭火力発電所建設プロジェクトの解消について



2017(平成29)年3月23日
プレスリリース
東燃ゼネラル石油株式会社
株式会社関電エネルギーソリューション

千葉県市原市での石炭火力発電所建設プロジェクトの解消について

東燃ゼネラル石油株式会社(本社:東京都港区、社長:武藤 潤、以下「東燃ゼネラル」)と株式会社関電エネルギーソリューション(本社:大阪市北区、社長:白井 良平、以下「Kenes」)は、平成27年8月に千葉県市原市に「市原火力発電合同会社」を設立し、東燃ゼネラル千葉工場内の敷地を活用した石炭火力発電所の建設プロジェクト(以下「本プロジェクト」)の事業化検討を行ってまいりました。
【平成27年8月31日お知らせ済】
しかしながら、本プロジェクトの事業性および事業環境の変化等に関する両社の見解を踏まえ、今後、本プロジェクトの事業化に向けた検討を継続しないこととなりましたので、お知らせいたします。
以上
火力発電所建設プロジェクトの概要
事業予定地: 東燃ゼネラル千葉工場敷地内
発電規模:約100万kW
燃料:石炭
市原火力発電合同会社の概要
本店所在地:千葉県市原市千種海岸1番地(東燃ゼネラル千葉工場敷地内)
社長:桑原 淳
資本金:1億円
設立日:2015年8月17日
出資比率:東燃ゼネラルおよびKenesによる折半出資

こんな記事も読まれています