あすか製薬 低亜鉛血症治療薬「ノベルジン®錠25mg・50mg」に関するコ・プロモーション開始について



2 0 1 7 年 3 月 2 4 日
あすか製薬株式会社
低亜鉛血症治療薬「ノベルジン®錠 25mg・50mg」に関するコ・プロモーション開始について
あすか製薬株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:山口 隆、以下「あすか製薬」)は、ノーベルファーマ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:塩村 仁、以下「ノーベルファーマ」)が製造販売する低亜鉛血症治療薬「ノベルジン®錠 25mg・50mg」(以下「ノベルジン」)に関して、本日よりコ・プロモーションを開始いたしますので、お知らせします。
ノベルジンは、既にウィルソン病治療薬として上市されておりますが、このたび、我が国において初めての保険適用となる「低亜鉛血症」に関する効能・効果を、追加で承認取得しました。亜鉛は、多彩な生理作用を有し、酵素などさまざまな機能タンパク質に必須な成分です。また細胞内でも“亜鉛シグナル”として働くなど、微量元素とはいえ、人の恒常性維持に働いている大切な元素です。現代社会において亜鉛不足は決して稀ではなく、多彩な臨床症状を示すことが指摘されています。このたびの効能・効果追加承認により、低亜鉛血症で苦しんでおられる患者さんに、ノベルジンが大きく貢献できるものと確信しております。
あすか製薬とノーベルファーマは、2016 年 11 月 30 日に、産婦人科領域での医療用医薬品に関する包括的な業務提携契約を締結しております。本日、ウィルソン病治療薬「ノベルジン」が低亜鉛血症の適応症を追加取得したことにより、あすか製薬は、産婦人科での医師・医療機関を対象にしたプロモーションを実施していきます。
以 上
【本件に関するお問合せ先】
あすか製薬株式会社 経営企画部
TEL : 03-5484-8366
E-mail : kouhou@aska-pharma.co.jp
(参考)
【製品概要】
製 品 名:ノベルジン®錠 25mg・50mg
一 般 名:酢酸亜鉛水和物
効能・効果:ウィルソン病(肝レンズ核変性症)、低亜鉛血症
包装:ノベルジン®錠 25mg:PTP100 錠(10 錠×10) ノベルジン®錠 50mg:PTP100 錠(10 錠×10)
用法・用量:
・ウィルソン病(略)
・低亜鉛血症
通常、成人及び体重 30 ㎏以上の小児では、亜鉛として、1 回 25mg~50mg を開始用量として 1 日 2 回経口投与する。通常、30 ㎏未満の小児では、亜鉛として、1 回25mg を開始用量として 1 日 1 回経口投与する。血清亜鉛濃度や患者の状態により適宜増減するが、最大投与量は成人及び体重 30 ㎏以上の小児では 1 日 150 ㎎(1 回 50mg を 1 日 3 回)、体重 30 ㎏未満の小児では 75 ㎎(1 回 25mg を 1 日 3 回)とする。
なお、いずれの場合も、食後に投与すること。
製造販売元:ノーベルファーマ株式会社
製品サイト:http://nobelpark.jp/
・低亜鉛血症について
低亜鉛血症は、血清亜鉛濃度が低下し、生体内の亜鉛が不足した状態である。亜鉛は 300 種類以上の酵素の活性化に必要な成分であり、細胞分裂や核酸代謝などにも重要な役割を果たしている。亜鉛欠乏によってもたらされる病態として、食欲低下、発育障害、皮膚症状、脱毛、性腺機能不全、性腺発育障害、創傷治癒遅延、易感染性、味覚低下、異食症、情緒不安定、運動失調、貧血、汎血球減少、低アルブミン血症、慢性下痢、免疫機能障害、神経感覚障害、認知機能障害など多彩な症状があること、また、亜鉛欠乏を合併する疾患や状態として、C 型肝炎・肝硬変、糖尿病、腎不全・透析などが報告されている。
本邦における低亜鉛血症患者数は約 6.8 万人(低身長:約 0.7 万人、味覚障害:約 4 万人、慢性肝疾患:約 2.1 万人)と推定される。
以 上

こんな記事も読まれています